ニキビ跡の赤み対策方法

ニキビが治って痛みも腫れも引いたのに、赤みだけが残ってしまった…。なんて経験ありますよね。

 

ニキビ跡 赤み

これは、肌の内部でニキビによる炎症がつづいているのが原因です。表面上はニキビがおさまったように見えますが、肌の内側では炎症がひいておらず、毛細血管がその炎症を抑えようと働くことでニキビ周りがうっ血。それが皮膚を通して赤く見えているのです。

 

肌質や体質、そのときの健康状態にも左右されますが、肌のターンオーバーが2回繰り返されるとこの赤みは引くといわれています。ターンオーバー1回が約28日(個人差があります)なのでおよそ2ヶ月ですね。ただし、真皮層など肌の深い部分まで色素沈着している場合はさらに時間がかかります。なんらかの原因でターンオーバーがうまく機能していない場合も同様です。

 

ニキビ跡の赤みを早く消すには、肌のターンオーバーを促すこと、炎症をそれ以上悪化させないことが重要

 

そのために専門的な治療を受けることも有効ですが、普段の食事や生活習慣に気をつけるだけでも十分に効果があるので、その対策をご紹介

 

バランスの取れた食事

バランスの取れた食事

バランスのとれた食生活を心がけましょう。極端なダイエットや偏った食事ばかりでは、肌をつくるための栄養素が十分に摂れません。食べ過ぎたり食事の時間がバラバラなのもよくありません。

 

胃腸に負担がかかってその機能が低下し、栄養の吸収が悪くなってしまいます。そして脂質や糖質の多い食事は控えるようにしましょう。脂質や糖質を取りすぎると新陳代謝が悪くなるためです。

十分な睡眠をとること

十分な睡眠

睡眠不足はターンオーバーの乱れを招きます。軽い運動をしたり寝る前にストレッチをすることで睡眠の質を高めるのもよいですね。

肌に刺激を与えない事

また赤みがひいていない間は、肌はちょっとした刺激にも敏感に反応します。炎症がぶり返す・悪化する原因となるので、指で触らない、刺激の強い化粧品を使わないなど、肌に刺激をあたえないように注意しましょう。

 

たまに患部を清潔にするためといって顔を念入りにこすり洗いしたり、タオルでゴシゴシ拭く人がいますが、逆に炎症を悪化させてしまいます。洗顔は優しく、を心がけてください。

 

紫外線に当たると色素沈着してしまうので、紫外線対策も怠らないようにしましょう。

 

男のニキビ跡対策方法

男のニキビ跡対策

男女ともに悩まされるニキビですが、一般的に男性の方がニキビが出やすいイメージがあるようです。その原因についてはさまざまな考察がなされていて、ニキビの原因となる皮脂は男性ホルモンによって分泌されるから、男性は女性に比べてスキンケアをする習慣がないのでニキビができても適切なケアができないから、ニキビになりやすい食事を好む男性が多いから、などがあります。

 

たしかに男性と女性の体質・肌質は異なりますし、スキンケアの知識については女性の方が豊富でしょう。しかし、男性でも女性でもニキビができる根本原因は同じ、ニキビの症状も同じです。

ニキビ跡のケアも基本的には女性と同じでかまいません。

 

肌に汚れや不要な皮脂を溜め込まず、患部を刺激せずに、肌のターンオーバーを促すのが重要です。具体的には毎日朝と晩に丁寧に洗顔し、ニキビ跡ケアに有効な成分を含む保湿剤で保湿

 

洗顔方法

洗顔方法

洗顔料を使ってできるだけ優しく洗い、念入りに洗顔料をすすぎ流してください。洗い残しがあったりゴシゴシこすると逆効果ですから気をつけましょう。
そして洗顔後はしっかりと保湿します。普段皮脂が多いという方も保湿は必要です。皮脂が多いからと洗顔したままにしていると、肌が乾燥しないように余計活発に皮脂が分泌されてしまいます。

保湿

ニベアクリームで保湿

保湿剤はさまざまあり、男性用のニキビケアをうたったものもあります。ですが、男性用であれば必ず肌に合うというわけではありません。女性向けのものでも構いませんから、自分の肌に合っているかどうかを第一に考えて、保湿力の高いものを使いましょう。(ニベアクリーム等でOK)

 

製品が多すぎて選べないという方は

リプロスキン(ニキビ跡対策専用の化粧水)を使ってみてはいかがでしょうか。ニキビ跡に悩む男性に人気の製品です。さっぱりとした使用感なのに保湿力が高いので、皮脂が多いからべたつくのは嫌という男性にも使いやすくなっています。

 

さらに、肌を柔らかくして美容成分の浸透力を高める「導入型柔軟化粧水」なので、ニキビ跡に効く有効成分が肌の奥まで確実に浸透して、ケアの効果をより高めてくれます。

 

 

>>>リプロスキン 楽天・Amazonより最安値 TOPへ