ニキビ跡の改善期間は?

なぜニキビ跡ができるのか知っていますか。刃物で肌を切ると適切な手当をしないと傷跡が残ります。肌にとってニキビは傷と同じで、

炎症状態を放置している

 

ニキビに触って潰してしまう

 

などで傷跡と同じようにニキビ跡ができてしまします。
ニキビが炎症を起こす前の段階で適切な治療やケアをしていれば、跡も残らずに治るはずです。しかし重傷化したニキビは皮下組織にまで炎症がおよび、凸凹したニキビ跡が出来上がってしまいます。

 

肌は表皮、真皮、皮下組織の三層構造

表皮は一番外側にあり角質層で覆われています。真皮は真ん中の層で、コラーゲン線維やエラスチン線維、水分などで出来ています。

 

皮下組織は、一番内側の層で、皮下脂肪で構成されていて、新しい皮膚の生まれる場所です。皮下組織で生まれた新しい皮膚は、成長しながら少しずつ外へと移動していき、最後には角質層の皮膚が剥がれ落ちるともに一番外側へと移ってきます。

これを肌のターンオーバーといい、約28日周期で繰り返しています。ターンオーバーのおかげで肌は健康な状態を保つことができます。

表皮にある角質層は、古くなった細胞で構成されていて水分の蒸発や外部の刺激から肌を守る、バリア機能を有しています。

 

ストレスや睡眠不足

ストレスや睡眠不足などの影響で、バリア機能が弱ると肌を保護することができなくなり、代わりに皮脂の過剰分泌がはじまります。この皮脂が毛穴にたまり、それを糧にしてアクネ菌が増殖してニキビになるのです。

 

表皮にできたニキビは進行するに従って、少しずつ肌に奥まで進んで行き、やがて炎症をおこして皮下組織まで巻き添えにします。皮下組織にまで炎症が及ぶと、皮膚の再生能力が弱くなり、跡として残ることになります。

 

多くの場合大人ニキビが出来る肌は、ターンオーバーが乱れています。ですからニキビ跡を消すためには、肌のターンオーバーを正常に戻す必要があります。正常なターンオーバーを繰り返し、ニキビ跡のできた傷ついた肌を角質層から、徐々に剥がれ落ちるようにするのです。角質層の剥離と新しい皮膚の再生を繰り返していくうちに、やがてニキビ跡はきれいになっていきます。

 

この剥離と再生のプロセスには、長い時間が必要

ターンオーバーは約28日間

ターンオーバーは約28日間と言われていますが、実際には個人差があり期間はそれぞれ違います。しかも、何度か繰り返さなければならないので、ともかく時間がかかるのです。
最低でも半年、長い場合は2年から4年に及びこともあります。
時間はかかっても必ずきれいなるので、少しずつ目立たなくなるニキビ跡をモチベーションにして、ケアを続けてください。

 

 

>>>リプロスキン 楽天・Amazonより最安値 TOPへ