凸凹しているクレーターニキビ跡

皮膚に色素沈着が起るタイプのニキビ跡は、比較的改善しやすいといわれています。しかし肌が凸凹したクレーターのような跡は、そう簡単には綺麗にすることはできません。治療には医療機関など専門家の手を借りる必要が出てきます。

ニキビ跡は治すには肌の新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促進させなければなりません。
ニキビ跡を古い角質と一緒に取り去り、新しく再生されて肌と入れ替える事で滑らかで綺麗な肌を取り戻すのです。

ニキビ跡には2つのタイプがあります。

肌が赤くなる色素沈着タイプ

 

クレーターのように凸凹タイプ

 

 

色素沈着タイプ

ニキビの刺激によってメラニン色素が活性化して部分的に日に焼けたものと、皮膚が薄くなったせいで血管が透けて見えている場合がある。
どちらも専用コスメなどを利用して肌の保湿と栄養補給に注意していれば、すぐには無理ですが、次第に薄くなりやがてなくなっていきます。

 

クレーターニキビ跡

セルフケアでは完全に治すことは難しいとされています。同じニキビ跡なのに、どうして違いがあるのか?それは発生のメカニズムにある。

アクネ菌が毛穴で増殖してニキビが出来ると、肌は炎症を起します。炎症が軽く皮膚の表面で起った場合は、跡もそれほど酷くはならずに治ります。

 

炎症が肌の奥深く、真皮層にまで達すると、肌は深刻なダメージにさらされることになります。真皮にまで到達したアクネ菌は免疫と戦い、皮膚の細胞を傷つけてしまい、細胞の壁に凸凹とした凹みを作る事になります。

人間の体は自分で処理をしようと頑張りだし、コラーゲンを大量に生成します。傷つき、凹んだ壁を修復する為に、大量のコラーゲンを動員して、痛んだ肌を全速力で埋めていくのです。この修復では、何よりもスピードを重視します。部分的に大量のコラーゲンを使う事で、肌が盛り上がり、ニキビ跡につながっていきます。

 

このクレーターの凸凹が酷ければ酷いほどセルフケアでは改善が難しくなります。皮膚科や形成外科などの医療機関で

レーザー治療を受けるのが一番の近道

 

レーザーで皮膚に刺激を与え、コラーゲンの生成とターンオーバーを促進します。皮膚の再生を確実に早くすることによって、ニキビ跡から綺麗な肌によみがえらせるのです。

 

 

 

>>>リプロスキン 楽天・Amazonより最安値 TOPへ