ニキビ跡のレーザー治療について

ニキビ跡に対する有効な治療法としてレーザー治療があります。レーザー治療はよく聞く方法だと思いますが、

レーザー治療は

いろいろな種類や波長の異なるレーザー光線をニキビやニキビ跡に当てることで皮膚を滑らかにして綺麗に治していくというものです。赤みがいつまでも消えずに残ってしまったり、肌が凸凹状になってしまうクレーター等の症状の重いニキビ跡には非常に効果的なので受ける人も多い治療法です。

しかし、レーザー治療は誰でも受けられるというわけではありません。例えば、妊娠中の人や光に敏感な人は胎児及び自分の健康を害する可能性があるので治療を受けることはできません。他にも、比較的近い時期にレーザー治療を受けた人もできませんし、何らかの病気で治療中の人もあらかじめ医師と相談しておく必要があります。

 

レーザー治療はいきなり肌に光を当てるというわけではなくて、最初に肌の様子やニキビ跡の状態を見てレーザー治療を行っても良いかのチェックをします。それから肌を守る為のジェルを塗ってレーザーを当ててみて異常が出ないかどうか、大丈夫であれば今後の照射回数や光の強さ等を決めます。レーザーを当てる時には、光刺激から目を守る為にアイマスクをするのが一般的です。

 

レーザー治療のメリット

 

1回の照射にそれほど時間がかからず日帰りで治療を受けられること、光を当てるだけなので痛みや出血等の肉体的苦痛が無いことが挙げられます。また、レーザー治療にはニキビの原因であるアクネ菌を殺す効果もあるので、ニキビ跡だけでなくニキビそのものにも効果があるのもメリットと言えます。

 

レーザー治療のデメリット

 

費用が高いこと

 

レーザー治療は保険が適用されないので全額自己負担となる

大都市圏しかない

 

レーザー治療が可能なクリニックや美容外科が大都市圏にしかなくて近くに治療を受けられる場所が無い場合があることが挙げられます。

長期間の治療になる

 

他にも一般的には効果が出るのが早いと言っても、ある一定の感覚を空けてレーザーの照射を続けないといけないので結果的には長期間の治療になるということもあります。

レーザー治療はニキビ跡に効果がありますが照射によってどうしても肌に負担がかかります。ですのでニキビ跡が綺麗に治ったとしても将来的にシワができやすくなるなどの影響があることも考えられます。レーザー治療のメリットとデメリットをよく理解することと背負うリスクがあることも忘れないようにするべきなのです。

 

 

>>>リプロスキン 楽天・Amazonより最安値 TOPへ