ニキビ、ニキビ跡に良い食べ物

ニキビの発生や進行を防ぐ方法として、市販の薬を塗ったり、病院での治療等がありますが私達にとって最も身近な食事もニキビに影響します。現在の食生活を少し気を付けるだけで、ニキビやニキビ跡の改善に効果がある場合もあります。

 

ニキビとニキビ跡に良い成分として

ビタミン

 

ミネラル

 

が挙げられます。特にビタミンBは肌の生成を助ける働きがあり、ビタミンCは肌の酸化を防いでくれる働きがあるので、ニキビ改善と美肌には必要不可欠な栄養素です。

 

ビタミンB

 

鮪やじゃがいも、豚肉、卵、納豆等に多く含まれています。

 

ビタミンC

 

よく知られているところではレモンや苺、キウイ、アセロラ等に多いです。
野菜ではキャベツ、南瓜、大根や大葉に多いですし、他にも海苔やロースハムにもたくさん含まれています。

 

特に、アセロラは他の食べ物に比べて10倍以上のビタミンCが含まれているのでドリンク等を積極的に飲むことがオススメです。

 

ミネラル

 

新陳代謝を活発にしてくれる働きがあります。肌のターンオーバーを正常にしてくれるので、ビタミンと合わせて摂取するのが良いです。レバー、大豆、胡麻、チーズ等に含まれているので普段の食事に取り入れるようにするとニキビに効果があります。

 

紹介した中で身近な食べ物もたくさんあるので、ニキビやニキビ跡に悩む人は意識してたくさん食べるようにするべきだと思います。

 

悪い食べ物

逆にニキビやニキビ跡に悪い食べ物もあります。代表的なのは、

揚げ物

 

甘い物

 

 

揚げ物

 

ニキビにとって一番良くないと言われていて揚げ物に含まれている動物性脂肪が、皮脂の分泌を活発にしてしまいます。

 

皮脂は新しいニキビを発生させたり、今あるニキビを更に悪化させてしまう危険があるので食べ過ぎるのは良くないです。

 

甘い物

 

糖分がたくさん含まれていて揚げ物と同じくニキビを悪化させる要因になります。

 

よくチョコレートを食べてニキビができた、という話を聞きますが、これはチョコレートに含まれる糖分が原因なのです。

 

アルコール

 

ニキビとニキビ跡には良くないです。お酒の種類にもよりますが、チューハイやビールは糖分が多いのでたくさん飲むのは良くないです。

 

お酒を飲み過ぎると肝機能が低下して身体の解毒作用も低下してしまいます。するとニキビができやすくなってしまうので注意が必要です。

 

すべてがいけないと言う訳ではなくて、ほどほどにする事が重要かと思います。
自分にできる範囲で食生活を見直していけば、ニキビとニキビ跡の改善に繋がるのでコツコツと毎日の努力が必要だと思います。

 

 

>>>リプロスキン 楽天・Amazonより最安値 TOPへ