ニキビに効く漢方薬

ニキビ跡に効く漢方薬

 

ニキビのケアに漢方薬が有効なのをご存知ですか?

 

中医学ではニキビはザソウと呼ばれ、体の中で発生する熱が原因で引き起こされる問題であり、体内部の状態と深い関わりがある内傷病と考えられています。ニキビを皮膚病とする西洋医学とは対照的ですね。

 

例えば白いニキビは顔に熱が上りやすくなっているので清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)を用いてその熱を下におろしてやります。赤いニキビは体を巡る血に熱が入り込んだ「血熱」という状態になっているため、血熱を冷ます涼血清営顆粒(りょうけっせいえいかりゅう)を服用します。

 

他にも、血の巡りが悪くなることで発生するニキビには冠元顆粒(かんげんかりゅう)という血の巡りをよくする漢方薬と、星火温胆湯(せいかうんたんとう)という老廃物を体外に出す漢方薬を用います。

 

このように、中医学のニキビ治療では、ニキビの原因となる熱を取り除いて体内バランスを正常化するために、原因に合わせた漢方薬を処方します。

 

ニキビ跡に効く漢方薬

これらの漢方薬はニキビ自体を治療するためのものですが、ニキビ跡に効くといわれる漢方薬もあります。たとえば婦人科でよく処方される桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、血行をよくするので赤みが残るタイプのニキビ跡に効果的。

 

桂枝茯苓丸加?苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)は肌荒れなどに有効な漢方薬で、こちらもニキビ跡に効くとされています。

 

しかし、ニキビを内蔵の問題と捉える中医学ですから、ニキビ跡を治すよりニキビの根本原因を解消するほうに重きをおいています。上述したニキビ跡に効くという漢方薬は、いずれもニキビ跡を治すために調合された漢方薬ではありません。漢方はニキビ跡よりはニキビ自体の治療に向いています。

 

体質改善

ただニキビ跡は同じところに繰り返しニキビができることひどくなっていきますから、漢方薬を使ってニキビができないよう体質改善すると、結果としてニキビ跡も目立たなくなるという事もあるでしょうね。

 

 

>>>リプロスキン 楽天・Amazonより最安値 TOPへ