ニキビ跡のケアに「ビタミンC」

ビタミンCと言えばレモン

ニキビ跡自体も一つの種類ではなくて、ニキビ跡は大きく以下の3種類に分けられます。

 

赤みが残る

 

茶色く色素沈着してシミになる

 

クレーター状の跡が残る

 

 

ニキビ跡の種類によってその対処方法は異なりますが、すべてのニキビ跡に共通して効果的な成分があります。それは美肌の万能成分といわれる「ビタミンC」です。

 

ビタミンCは美白美容液によく配合されるように、メラニンを薄くしたり色素沈着を改善します。また、コラーゲンの生成を促進して肌のターンオーバーを促し、線維芽細胞を活性化するので真皮層の再生にも役立ちます。

 

ニキビ跡の赤みや色素沈着の改善には

肌のターンオーバー正常化が欠かせません。クレーター状のニキビ跡対策についても、肌のターンオーバー正常化と真皮層の機能を再生することが重要です。また、ビタミンCは過剰な皮脂の分泌を抑制したり炎症を抑える作用もありますから、ニキビ跡だけでなくニキビ予防にも効果があります。ニキビ対策として積極的に取り入れたい成分ですね。

 

ビタミンCの摂取方法には体の内部から取り入れる「内部摂取」と、化粧水や美容液で肌に浸透させる「外部摂取」があります。

ビタミンCの内部摂取

ビタミンCの内部摂取

一番お手軽かつ効果的なのは、ビタミンCが豊富に入っている食品を食べることでしょう。ビタミンCがたくさん含まれている食べ物はいろいろあります。野菜ならピーマンやブロッコリー、キャベツ、果物ならいちごや柿やレモンなど。一般的に新鮮な野菜や果物はビタミンCが豊富です。その他、芋類や豆類、緑茶にもビタミンCが含まれています。

 

気をつけたいのは、ビタミンCは熱と水に弱く、特に水に溶けだしやすい性質を持っています。ですから、食材に含まれるビタミンCをなるべく損なわないよう、調理方法には工夫が必要です。

ビタミンCの外部摂取

ビタミンCの外部摂取

ニキビ跡専用の導入化粧水のリプロスキンで取れていけます!

 

内からと外からの両方からニキビ跡ケアをしっかりと行って行きましょう!

 

 

>>>リプロスキン 楽天・Amazonより最安値 TOPへ